トップページ  >  驚異の除菌力

驚異の除菌力

抗菌スペクトルが広く、確実な衛生管理を実現!!

インフルエンザ、ノロウイルスはもちろんのこと、食中毒の原因となるO-157、
各種ブドウ球菌、サルモネラ菌をはじめMRSAなどに、強力な除菌作用で対応します。
食品をはじめ食器、調理器具の洗浄、床の掃除などの広い用途に利用されています。
噴霧器による噴霧以外にも、ハンドスプレー、タオル清拭でも使用できます。

ハイクロMの驚異の除菌力

  • 次亜塩素酸ナトリウム(NaOCL)中の次亜塩素酸イオン(OCL-)と塩素中の水素イオン(H+)が結合される次亜塩素酸に塩酸を加えることによって、水素イオン濃度を適性に調整したものが、弱酸性次亜塩素酸水「ハイクロM」です。また、次亜塩素酸と比較しても除菌効果を低下させずに調整を加えています。
  • 通常使用されている次亜塩素酸イオンを含む次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、ハイクロMと比較すると次亜塩素酸の存在比が低く、十分な除菌力を得ることはできません。従来、200ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液では除菌しえなかったBacillus属の芽胞に対しても50ppmの次亜塩素酸溶液で有効に除菌されることが実証されており、ハイクロMは次亜塩素酸ナトリウムの4~8倍の除菌力を持っています。
  • 次亜塩素酸の性質として電荷を持っていないので、細菌表面に対しての透過性があり細胞膜内の菌も破壊することができ、反応性に富み、次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の反応速度を有することが実証されています。

有効塩素存在百分率(%)

生成水を弱酸性に保つことで、高い安全性を実現!!

生成された除菌水は、水質を一定の弱酸性に保つことによって、強く安定した除菌効果を発揮します。

ハイクロMの優れた安全性

  • 有害物質であるトリハロメタンはアルカリ性で生成されることが確認されています。ハイクロMは次亜塩素酸に塩酸を加え弱酸性にしているためアルカリ域の次亜塩素酸ナトリウムに比べ、トリハロメタン生成の危険が遥かに少なく安全です。
  • 液体の物質への付着の程度を示す展着性が低いため洗浄作用は低いが、その反面に皮膚、粘膜への残留性刺激性が小さく安全に使用できます。また、通常使用されている次亜塩素酸ナトリウム水溶液は強アルカリ性の性質を持っており皮膚を保護している皮脂もいためる可能性が高くなりますが、ハイクロMは弱酸性のため皮膚にも優しく安全です。

使用後は自然に分解し、人に環境に優しい!!

また、除菌・消臭という役目を終えると自然に分解されて通常の水にもどるという性質があり、塩素の残留性は低く、有毒な塩素ガスの発生も極めて低く 高い安全性を実現しています。

ハイクロMは環境にやさしい

  • ハイクロミストにより非常に細かく噴霧状にすることにより、空間滞留時間が延長し、隅々まで行き渡ります。同時に結露も生じないために精密機器への悪影響も認められず、加湿の効果もあります。
  • 反応性に富むことに加え、噴霧により表面積が大きくなることから自然分解性が高く、併せて低濃度で使用できることと相まって環境にやさしい特徴を持ちます。
Clean,Comfort and Cost Performance
  • 驚異の除菌力
  • 消臭効果について
  • 1日約64円から